コラム

こんにちは。店長TとスタッフTです。二人のコラムを連載しています。題しまして、続・店長 Tの無駄話&嶌G(シマジー)ログ。少しでもラウンズの空気が伝われば、と思いながら書いています!

どうぞお付き合い下さい。


— 嶌Gログ。 ROUNDS presennts SPECIAL LIVE “ ~tsukanoma~ Vol. 3 ” 終了!! 2015/04/12 UP!!

先週末開催した当店が主催するLIVEイベント~tsukanoma~vol.3 。
お越し頂いた皆様、本当にありがとうございました!!

そして、出演して下さったアーティストの皆様を始め、サポートして下さった方々にもこの場を借りて改めて御礼の言葉を贈りたいと思います。

3回目となる今回は、関口シンゴさんという素晴らしいアーティストさんをお招きし、最高な音楽を届けてくれ、
アルバムの楽曲以外で、個人的にはシンディ・ローパーの 「Time After Time 」も披露してくれたときは鳥肌モノでした (汗)

そして、ほとんどこのLIVEを一緒に企画進行をしているくらい、いろんな面から支えてもらっているNabowa山本 啓さん。
今回は、ソロでの演奏でDUOとはまた違ったスタイルの演奏を披露してくれました!!
 
今回もまたここ滋賀(彦根)でこういった音楽を皆様と共有出来た事を嬉しく思います。 
またやりたいです、、、。
 
ではでは、今回も最後にフォトグラファーGenta HisadaさんによるLIVE写真をご覧下さい!!
 
kanoma-vol3-14
 
tsukanoma-vol3-12
 
tsukanoma-vol3-10
 
tsukanoma-vol3-9
 
tsukanoma-vol3-11
 
tsukanoma-vol3-6
 
tsukanoma-vol3-7
 
tsukanoma-vol3-8
 
tsukanoma-vol3-4
 
tsukanoma-vol3-5
 
tsukanoma-vol3-3
 
tsukanoma-vol3-2
 
tsukanoma-vol3-1
 
tsukanoma-vol3-16
 

 




— ROUNDS presennts SPECIAL LIVE “ ~tsukanoma~ Vol. 2 ” 終了!! 2014/06/22 UP!!

先週行ったROUNDSのLIVEイベント ~tsukanoma~Vol.2 。
平日にもかかわらず、沢山の方々にお越し頂きまして誠にありがとうございました。
当日は遠方から来て頂いた方もおられ、非常に嬉しい気持ちでいっぱいです!!
 
今回、出演して下さったアーティストの方々やサポートして下さった方々にも本当にありがとうございます!!
とっても素敵な束の間の夜となりました。
 
こういった形で滋賀で音楽を提供できる場所を作れたことにより、たくさんの方との繋がりが出来、輪が広がったことが私たちにとっては一番うれしい事です!!
またこれからもこういった形で開催していきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします!!
 
では、前回も撮影して下さったフォトグラファーGenta HisadaさんによるLIVE写真をご覧下さい!!
 
それでは、次回の~tsukanoma~Vol。3もご期待下さいませ!!!!
 
tsukanoma vol.2 HP用 14
 
tsukanoma vol.2 HP用 15
 
tsukanoma vol.2 HP用 2
 
tsukanoma vol.2 HP用 6
 
tsukanoma vol.2 HP用 7
 
tsukanoma vol.2 HP用 8
 
tsukanoma vol.2 HP用 5
 
tsukanoma vol.2 HP用 11
 
tsukanoma vol.2 HP用 4
 
tsukanoma vol.2 HP用 9
 
tsukanoma vol.2 HP用 3
 
tsukanoma vol.2 HP用 12
 
tsukanoma vol.2 HP用 13
 
tsukanoma vol.2 HP用 17
 
tsukanoma vol.2 HP用 18
 
tsukanoma vol.2 HP用 19
 
tsukanoma vol.2 HP用 20
 
tsukanoma vol.2 HP用 10
 
tsukanoma vol.2 HP用 16




— 嶌Gログ。 vol.18 「プラントハンター」 2011/06/16 UP!!

超~~久しぶりの更新となりました。
申し訳ありません!! 以後、気をつけます!!汗
 
では、今回お話しするのは、『プラントハンター 』 について。
 
皆さんプラントハンターってご存知ですか?
プラントハンターとは、世界中から日本に入ってきていない珍しい植物を探して来るお仕事のこと。
以前、情熱大陸で『プラントハンターの西畠 清順』の放送があったので、もうご存知の方も多いと思いますが、
自分もその放送を見て感動してしまった内の一人!!笑
 
『プラントハンターの西畠 清順』さんは、植物卸問屋「株式会社 花宇」の5代目。
21歳のころから世界中を飛び回り、日本に入ってきていない珍しい植物や新種を探し追い求めており、
その最中、今までに2度死にかけた事があるらしい!!笑
 
他にも、国内外問わず年間2000件以上の依頼をこなし、その選択眼は高い評価を得ています。
さらに、華道家やアーティストとの交流も深く、植物の魅力を広げるべく日々さまざまな活動を行っておられます。
 
以前コラムでもお話していた様に、元々植物好きだったので、
そんな西畠さんの仕事の様子や、次から次へと出てくる奇妙な植物に圧倒されっぱなしで、
番組を見終わってからは、また自分の中の植物熱が急上昇といった感じ!!
 
その後しばらくして、そのプラントハンター 西畠 清順さんの本が出版され、
もちろん速効、本屋へ駆け込み購入!!
 
プラントハンター
 
小説とか以外は、多分初めて人の自伝的な本を買いました!!笑
 
普段、あまり本を読まないせいで読み終わるのはだいぶ遅かったですがとても読みやすく、植物の知識やいろんなエピソードが綴られていて、
本を読み終わった時にはプラントハンターという仕事への憧れはもちろんですが、
西畠 清順という人自身が凄く好きになり、その植物に対しての考え方や想い、周りの人への感謝であったり、
個人的に共感できる部分がとても多く、自分も「植物の力」が起こしてくれえる奇跡や感動を信じたいと思うようになりました。
 
店長Tも元々植物好きで、今二人で色んな植物を買い集めて、少しづつですが店に植物を増やしていってます。
やっぱり植物があるとないとでは店の雰囲気が全然違って、僕の汚れた心を癒してくれる存在となっています!!笑
 
それに植物を見てお客様が興味を持って下さってお話しするという機会が増え、
すでに、「植物の力」を感じる今日この頃。(本を読んだ人にはわかる内容)
 
是非、興味ある方は買って読んでみて下さい!! もしくは店頭で読んだり、お貸しする事も出来ますんで!!

そんな店頭にある植物の何個かは、彦根市後三条町にある 『花好mokume』さんでGETしており、
実はmokumeさんは、西畠 清順さんの会社 『花宇』からも植物を買い付けておられるので、
西畠 清順さんが世界中から探してきた珍しい植物や、奇妙な植物を見る事が出来ます。
 
もちろん買う事も!!笑
 
気になる方は是非行ってみて下さい!! 見てるだけでワクワクしてきて楽しいですよ!!

店頭にある植物も販売はしてませんが、是非見に遊びに来て下さいね~!!
ではでは、今回はこの辺で失礼します。




— 続・店長 Tの無駄話。 vol.18 「繋がり。」 2011/05/12 UP!!

G・WEEK中は忙しすぎた為、このコラム更新をお休みさせて頂いていました。
今週からまた再開しますので、お付き合いの程、宜しくお願いします!!

再開一発目は、ヒョンな事から仲良くなられたメーカーさんとMUSICIANのお話。
 
MUSICIANは、ツアーで全国各地を廻っていました。メーカーは各SHOPに商品を卸していました。
 
ある年、MUSICIANはツアーの合間に地方のお店である商品を手に入れました。
何の先入観も持たず、気に入って買ったその商品は、次の都市でフラッと入ったお店でも取り扱いがあり、また違う商品を手に入れました。
そして、手に入れた商品を自身のBLOGで紹介していたそうです。
そんな事が何年か続き、ある時、仲良くなった地方のお店のご好意で東京の展示会にお邪魔する事が出来たそうです。
 
一方、メーカーの営業さんは今のPOPSに疎く、そのMUSICIANの事は良く知りませんでした。
一緒に来られる事は聞いていたのですが、音楽については触れる事が出来ませんでした。
でも、展示会に来たMUSICIANの服装から何か感じる事があったようで、今ではとても仲良くされています。
 
そんな事から始まったお付き合いは、遂にMUSICIANの新曲PVに登場するまでになりました。
 
こんなやり取りを聞いた私は、この一地方で購入したアイテムから始まった人と人との繋がりの話を聞いて、とても良い気持ちになりました。

自分もこういう人と人との繋がりが楽しくてこの仕事をやっています。
何かの拍子やお客様との縁で今までも色々な繋がりが出来ましたし、これからももっと人と繋がっていきたいと思っています。
 
何処で何があるかなんてわからないし、良い繋がりになればと期待はするけれども、こういった『繋がり』だけは欲しがって手に入るモノでもないンですよね。
 
色々な事が重なって形になっていくからこそ楽しいし、大事に思う訳です。
 
もう十数年この仕事に携わってきて、良い『繋がり』に幾度となく恵まれました。
あと何回、良い『繋がり』に出会えるのかは分かりませんが、これからもこういう『繋がり』を大事にしていきたいと思います。
 
もちろん、皆様との『繋がり』ももっと深いモノになりますように・・・。
 
最後は、そのMUSICIANの新曲PVでお別れ。
 
また次回、お目にかかります。
 




— 嶌Gログ。 vol.17 「井上雄彦の屏風」 2011/04/21 UP!!

 
どうも!! 
 
今回は漫画家 井上雄彦が描いた『親鸞』の屏風を京都に見に行ってきましたのでそれについてお話を。
 
実は、いつも来て下さる顧客様から、『今、京都の東本願寺で井上雄彦の描いた屏風を展示してるよ!!』という事を聞いて、
もちろん『これは行かねば!!』と思い、早速次の休みに行ってきたわけです!!笑
 
井上雄彦さんの説明は、、、皆さん知ってると思いますが、、、。
 
代表作に『SLAM DUNK』、『バガボンド』、『リアル』など。
『SLAM DUNK』を連載していた時は、『ドラゴンボール』『幽☆遊☆白書』とともに『週刊少年ジャンプ』の三本柱と呼ばれていたそう。
それと同時に日本におけるバスケットボールブームの火付け役になり、
連載中の1995年3-4号ではジャンプの発行部数が歴代最高653万部を記録しギネス認定され、更に2004年にはコミック国内発行部数が1億部を突破。
『SLAM DUNK』では2010年現在の累計発行部数は完全版を含め、国内で1億1700万部を超え、1998年からは宮本武蔵を題材にした『バガボンド』による文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞ほか受賞多数されています。
 
そんな井上さんが今回、宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌の記念事業として、浄土真宗の宗祖・親鸞聖人(1173~1262)を六曲一双の屏風に描いた作品が東本願寺に展示している訳です!!
 
そして行ってみると、平日にも関わらず意外と多い人がお参りに来られていました。
もちろんお年寄りの方のお参り目的が一番多かったですが、学生から作業服を着た集団!?(仕事途中で見に来た感じでした!)まで色んな方が屏風目当てに来ておられました。
 
そして、ワクワクしながら、いざ屏風を見てみると、、、、。
 
も~~圧巻の一言!!!!  素晴らしかったです!!!!
 
絵の上手さや迫力は勿論のこと、特に思った事は、一人で座っている方の屏風の親鸞さんの表情が、色んな気持ちでとれる顔をしており、どんな事を思っているのだろうと色々考えたくなる、そんな感じの印象でした。
 
井上さん本人も「屏風全体を見るだけでなくて、一人ひとりの表情もぜひ見ていただきたい」と言っておられるそうで、全くその通りでしたし、
もう一つの屏風の民衆たちの表情も、皆様々な顔をしており、こちらも人によって、それぞれ思いが違うんだろうなと感じました。
 
この屏風を書くまでには、色んな思いを持って書かれたと思いますし、プレッシャーなども半端では無かったと思います。

そんななか、井上さんが思い描いた『親鸞』の屏風は、一見の価値ありです!!
 
自身のHPやTwitterなどでも、屏風を完成させるまでの日記や想いが書かれていますので、
興味ある方は是非、そっちも覗いてみて下さい!!
 
でも実際見に行って感じ取るのが一番!! きっと後悔はしないと思いますよ!!
 
そして、今回の屏風の絵を使用した記念グッズのすべての収益金を、震災復興ために寄付されることになり、それに井上氏がツイッター上で被災地の方に向けた「Smile」と題した絵も話題となっており、そのポストカードも今販売しています。
 
最後に、その「Smile」の絵と菅野よう子さんによる「きみでいて ぶじでいて」 をご覧ください!!
 
では、また次回!!