タグ別アーカイブ: 彦根

閉店のご挨拶。



 
ROUNDSのBLOGをご覧下さっている皆様、ご無沙汰しております。
 
去る9月24日をもちまして、ROUNDSは閉店させて頂きました。
閉店にあたり、9月8日より約2週間と長い期間、CLOSED SALEを開催させて頂いたのですが、期間中、予想よりもはるかに多いお客様のご来店を賜りまして、誠にありがとうございました。
当店の都合にも関わらず、貴重な時間を割いて店頭に足を運んで下さったり、仕事や用事に都合がつかないからと・・・。わざわざメールや電話で労いのお言葉を頂戴する等、お客様には感謝しても感謝しきれない程、嬉しいお声掛けを頂きました。
書面で失礼ながら、重ねて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。
 
ROUNDSを2002年12月13日にOPENして、開店当初はやっと地元に自身が思う理想に近いお店が出せた事をとても嬉しく思った事、今でも思い出します。
それに加えて当時は自己満足ですが都会にも負けない品揃えと周りに競合するようなお店もなかったので、勝手に『コレは売れるな。』なんて甘い予想を立てていたのも恥ずかしながらも忘れる事が出来ない思い出の1つです。
実際に蓋を開けてみると世間はそんなに甘いモノではなく、待てど暮らせど思う様なご来店はモチロン無く、ガッツリと伸びた鼻を見事にへし折られたわけですが、それがココまで長く続けてこれたのも、お客様・会社・取引先様のお蔭です。
 
重ね重ねになりますが、本当にありがとうございました。
 
そして何よりお客様やメーカーの営業さん、各BRANDのデザイナーさん等、望んだからと言って手に入れる事が出来るばかりでない、人との出会いやご縁に多く恵まれたのは、とても貴重な財産であり、自身の大きな自信に繋がっています。
 
ROUNDSの閉店は申し訳なく、寂しさもありますが、自分自身、次のSTEPと前向きに捉えて、また新たなチャレンジに努めていきたいと思います。
 
10月からは道を挟んで営業をしております、BORN FREE MEGA STORE店で勤務する事になりました。
また皆さんに新たな自分をお見せ出来る事、心より楽しみにしておりますので、是非、お近くにお越しの際には、お立ち寄り頂けますと幸いです。
 
14年9ヵ月もの長い間、本当にありがとうございました。
 
また今後共、更なるご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。
 
まずは書中をもちまして、略式ながらご挨拶とさせて頂きます。
                              敬具
 

 

INSTAGRAM、始めました。
PLEASE FOLLOW US !!
 
rounds_insta_banner 

 

category_ その他 | tags_ , , , , , ,

His name is VANDAL …。


2012年10月に店の大きな鉄扉にグラフィティを残していったDOLKに次いで、今年はイギリスはブリストル出身でステンシル アートのパイオニアとも評されるNICK WALKER (ニック・ウォーカー)がROUNDSに作品を書いてくれました。

r1
 
NICK WALKER (ニック・ウォーカー)は、1969年生まれで1980年初頭から現在までBristolを拠点にステンシル アートを主に活動をしているアーティストで、フリーハンドとステンシルの技法を合わせて、従来のグラフィティスタイルを進化させた新しいスタイルの作品を作り続けています。
 
r2
 
今回の作品は、彼が生み出す作品の中でも世界各国にその足跡を辿る事が出来る、『 LOVE VANDAL 』。
イギリス出身の彼らしく、紳士的な装いでPAINTをしていくというギャップに皮肉さを感じますね。
 
r3
 
当日は、天候こそ晴れたものの、風が強くてWALL PAINTには過酷な条件となりました。
しかも、季節が2月という事もあり、NICK自身もかなり大変だったと思います。
 
r4
 
約2mというサイズのステンシルは、3層を重ねて仕上げる手の込んだモノ。
特にSUITのSTRIPE部分とシワや手の部分のステンシルの緻密さにはTOP ARTISTとしてのコダワリを感じます。
 
r5
 
r6
 
ハート部分と細部はステンシルではなくフリーハンドで仕上げて、ココにしか無いモノにするンですって。
 
r7
 
r8
 
しかも本人曰く、今回のハート部分は自分自身でも久しぶりに納得のいく出来栄えらしく、サイン自体をデッキ部分からワザと外して書いたほど。

PARIS ・ NEW YORK ・東京に加えて、彦根にも!?っていうのが不思議ですが、ワールドクラスの作品がお店の壁にあるっているのはやっぱり嬉しいです。
 
r9
 
また、当店の壁に加えて、彦根市内にある万国吃驚堂(HAIR SALON)とMICRO-LADY COFFEE STAND(COFFEE SHOP)にもNICKは作品を残していったようです。
 
nick_r-2
 
nick_r-3
 
人との縁が繋がって、ROUNDSに、いや 彦根に!新たな名物が生まれました。
 
桜のシーズンを控えておりますので、彦根にお越しの際には、是非、ご覧下さい!!
 
追記:
現在、東京のPARCO GALLERYにおいて、3 / 9迄、 NICK WALKER EXHIBITIONが開催中。
写真はアトリエ・制作のドキュメント写真まで50点余りの公開に加え、 日本限定作品の展示・発売を含めまして、NICK WALKERというアーティストを存分にご堪能頂ける内容になっております。
東京へ行かれる際には是非、お立ち寄り頂ければと思います。
 
Thank you, NICK !  We love you:)

category_ その他 | tags_ , , , , , , ,

DOLK was here !!


つい先日、店の大きな鉄扉に…  巨大なグラフィティが!
 
DOLK 1
 
このグラフィティを残した彼の名は、「DOLK(ドルク)」。
 
DOLK 2
 
DOLK 3

DOLK(ドルク)はノルウェー出身のステンシルアーティスト。banksy(バンクシー)に見いだされ、数多くの人気アーティストを擁するPOW(Picture On Walls)に所属していた時期を経て、現在は自身の主宰するHMP(Hand Made Posters)の看板アーティストとなりました。黒を巧みに使い、ダークで個性的な彼の作品には、世界中にファンがいます!!そしてついに今回、初来日が実現しました。
 
DOLk 4
 
そんな彼がROUNDSに描いた作品は、先日ポスターとして発売され、
アッという間に完売してしまった「Bomb Suit(爆弾防護服)」。
 
DOLK 5
 
防護服に身を包んでまで持っている箱の中身は一体何なんでしょうかね???
 
DOLK 6
 
10m近くある作品を生で見ると、圧巻の一言です。
扉を閉めた完成形は、是非、ご自分の目でお確かめ下さい!!
 
DOLK 7

Thank you, DOLK!
We love you:)

category_ その他 | tags_ , , , , , , , , ,